西オーストラリアのマンジュラという所

2013年03月

パースの3月の雨量は記録的に多かった。とニュースで言っている。
 
今朝のマンジュラショッピングセンターニ階駐車場の
swapmeet(古物交換市)の出店は半分位で閑散としていた。
自転車で行き、全店周り、往復時間を含めても40分ぐらいで帰って来た。
 
帰ってからすぐにフリーマントル(fremantle)festivalへ行った。
TVのニューでも流れ、どんなものか一度は見ておこうと思った。
行ってから思いだしたが、過去にも来たことがある。
 
マンジュラ線(mandurah line)でマードック駅(murdock st)まで行き、
そこから98番のバスに30分ほど乗るとフリーマントル駅に着く。
帰りは99番。
 
パースまで出てフリーマントル線に乗り換えるよりも便利で早く疲れ方が違う。
 
祭りは路上、公園などで芸人が芸をしたり、マーケットが出たり、
食べ物テントなどが出て人が沢山いたが、何祭りか良く分からず印象が薄い。
 
      ♪‘、∴☆彡`・”.。':∴;・、★。、:。.:・'゜☆。";.:・'゜♪。、,:。・.:'・'゜☆。.:★。、:。.:・
イメージ 1
 
今日swapmeetで買った物。
銀メッキのスプーン。
マグパイプを持った人が乗っている。
50セント。長さ12cm。
  イメージ 2←上に乗っている物の拡大写真
                      ・・・   see ya
 
 

今日からの週間予報では、最高気温27~30℃が続く。
今朝は5時頃目が覚め、明るくなるまで寝床で本を読んでいたら
7時になっていた。
 
庭をやりだす頃には日差し夏の如しで、予定していた庭仕事は出来ず、
庭仕事の代わりに家の中で銀細工、歌の練習、石磨きなどをした。
 
人は日当りの良い土地を好むようだが、日当たりが良すぎるのも考えものだ。
私としては西に高い山、高い木があり、早く日が陰る土地が理想的。
 
日本の家を探す時も、家の周りに木が多く茂っているものを探す様になった。
 
~~~~~~♪
イースター休暇は何処へ行っても人だらけ、
昨日も細い自転車歩行者専用道路では、道を譲ったりと面倒だったので、
外出は普段の日に限る。
イメージ 1
 
先日取り入れたスイカの小さい方を切ってみたら、
赤く熟していた。

 
 
  ・・・see ya

昨夜は月が明るすぎて、空全体が水色っぽく見え、
ミルキーウェイがある辺りには、南十字星などの大きく光る星しか見る事が出来なかった。
 
今日はEasterのGoodFridayで国民祝日。
今日から月曜日までEaster休日が続く。
 
マンジュラカニ祭りの夜(3月17日)に路上で男性が殴り殺されていたが、
犯人として14歳~15歳の少年3人を逮捕した
子供だと思い安心していると怖い。
イメージ 1
 
^^^^^^
今日は自転車で少々遠乗りをした。
足に陽が差しても痛くはなく、なかなか爽快。
 
庭に出て、仕事をしたくなる季節が来た。
明日は適当に種を植え、
植木鉢のmother in law tongue姑の舌(正式名は知らない)を
株分けし木蔭に路地植えしよう。
 
・・・  see ya

日中は日傘を差して、のんびり読書歩行でも、うっすら汗をかくが、
風は少々冷たくすっかり秋の気配。
でもまだまだ半袖で充分。
こんな日が永遠に続けば精神も良好で肉体労働もやる気になる。
 
今日の庭からの収穫物。スイカも青マンゴーも種からだから、満足度倍増
 

イメージ 1
スイカはいつも取り入れが早過ぎて、中が薄ピンクの薄甘状態で食べていた。
今回も、極あま~く熟しているのかよく分からないが、葉が枯れて来ているので取り入れた。
もう終わりのようだ。
 
タイルの大きさは19cm四方で、マンゴーも結構大きい。
青マンゴーは熟してから取り入れる事を考えていたが、
袋をかぶせたりの手間は面倒で、虫が入ってしまう前に取り入れ10日間ぐらい置いて食べる。イメージ 2
 
小さいのはまだ木に残してある。
以前に一個だけ取り入れて10日ほど置いて昨日食べた。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中は甘くも外は緑の青マンゴー。    ・・・see ya

今朝の気温は10.9℃。
最低気温j15℃以下が続き、朝晩はすっかり秋らしくなった。
日中は22℃、まだまだ20℃以上あり、予報では金曜からはまた30度近くなる。
イメージ 1
 
今日は銀細工の日。今日出来上がった鋳造品。
鋳造は面白くないので、これ限りで終わりにしようと思う。
これらのパーツをどう使うか、考えるのも楽しい。
 
自分がうっかりしているので、色々な物を失くしてしまう。
先々週はsolder3種類、今週はカンガルー1個と極小オパール。
 
 
石磨きは計8時間やってこの程度。
イメージ 2
最後の磨きはかなり退屈な仕事だ。しかしやらなくては!!
その内に石鹸のように消え失せるのでは。
 
形を作り、磨いた物をどのような作品にするのかが楽しみ。
銀細工で仕上げるより、ちょっと他の方法を一応研究している。。などと偉そうに。
どうなることやら。   
                               ・・・    see ya
 

このページのトップヘ