西オーストラリアのマンジュラという所

2012年02月

今月は月日の過ぎるのが早く感じる。
今日で暦の上での夏は終わるが、外の日差しは変わらず強い。
木陰、家の中では団扇さへも要らない普段の夏。

夜はTVを見ることにしているが、今は面白いものが無くなっている。
映画も本もテレビドラマも、お金を出してまで見たい作品は無い。

今日は、もらい物のビデオの中から手元に残しておこうと思う映画と出会った。
ミュージック・オブ・ザ・ハート(Music of the Heart)1999年アメリカ映画。

実話を元にした映画。主人公ロベルタ(メリル・ストリープが演じた)は、
荒れた小学校の臨時教師として、子供たちに厳しくヴァイオリンを教え、
最初反発していた子供達もヴァイオリンの演奏が好きになる。

順調に10年経つが、市の予算の都合で急教育委員会からロベルタのクラスの閉鎖を言われる。
しかし、ロベルタとこのヴァイオリン教育の必要性を知る人々は立ち上がり、
演奏会を催し、その収益金でクラスを存続させることとした...。

演奏会場はたまたまカーネギホールになり、
それに協力する有名な演奏家も沢山出て(本人として登場している)演奏会は成功する。

最後、主人公とその母の話。
母、「ここまでやれたのはチャールズのおかげ(浮気をして妻子を捨て離婚を要求した夫)」
主人公 「ありがとう、チャールズ」

こんな男がいなかったら、たぶん主人公は普通のヴァイオリン好きの女で終わっていただろう。
ロベルタは離婚したくなかったが離婚し、立派に独り立ちした。
  
メリル・ストリープは役作りのためにヴァイオリンの猛特訓を行い、
本番も自分で演奏しているそうだ。非常に素晴らしい女優だ。

不思議なことに、楽器は、がんばって練習すると誰もが一応演奏できるようになる。
多くの人が途中で、くじけて練習しないので、難しい物と言うことになっている。

  ・・・外はまだ駄目、冷たい紅茶と、楽器と映画・・・      see ya  

まだ夏だが、それ程は暑くないので午前中自転車で遠出した。
のんびりでも汗をかいた。

図書館では、本、DVD、CDの貸し出しもしている。
DVDは一度に4枚、2週間借りることが出来る。
一応裏のあらすじなどを読んで借りるが、無料なので面白くなくても損はない。
イメージ 1
SINKING of JAPAN
写真を見ると韓国の映画に思えるが、JAPANとある。
よくよく見ればスマップの草彅剛クサナギツヨシでなかぁ。
SINKING of JAPAN...?..もしかしたら「日本沈没」
日本の映画に英語の字幕が...へエ~。

内容は原作と違い、Armageddon(アルマゲドン)の
ブルース・ウィリス的役がクサナギツヨシで
自分の身を犠牲にして、爆弾を仕掛け日本沈没を防ぐ。
最後は助かるハリウッド映画のようでありきたり。
マネッコぽい。

イメージ 2
WHAT EVER HAPPENED TO BABY JANE 
1962年作 モノクロ
大きくかっこいい車が、沢山普通に駐車している。

大人気だった舞台の子役スターが年取って...  
顔は恐いがホラー映画ではない。

DVD2枚組、1枚は映画、
後の一枚は、この映画に関する事と
出演の二人の女優、BETTE DAVIS と 
JOAN CRAWFORDについての話と写真など。

・・・無料なら、何でもいいと、言いながら、選ぶ楽しみ、DVDショップ並み・・・    see ya

今日は30℃以下で日陰や家の中では過し易い。

昨日は、マンジュラ パフォーミング&アートセンターのロビーで
ハンガリーの曲の演奏とハンガリアンダンスの講習があり楽しんだ。
ハンガリーの曲は初めて聴いたが、各自バラバラのような、単純な繰り返しのような、
手拍子をとり、輪になって踊りたくなる不思議な感じ。
写ってはいないが、左端にひっそりと歌手がいる。哀愁を帯びた歌の調子と声。
ビオラの構え方が垂直で、楽そうでいい。
イメージ 1

楽器はバイオリンは普通に4弦で主旋律。ビオラは3弦でブリッジが平。
ブリッジは自分で作り、3弦にするとリズミカルになるとか。
イメージ 2

ベースも3弦にしてあり、ブリッジは普通に山形。
スパゲッティーのように太いガット弦(腸線)こんな太い物は初めて見た。
イメージ 3

弓の長さもかなり短いのと普通のを使い分けていた。
松ヤニをゴシゴシと荒っぽく毛につけていた。
イメージ 4

この楽器の名前はツィンバロンcimbalom
打弦楽器。この楽器は、しっかりと見て叩かないと間違えるのではないか。
試させてもらったが、軽くポンと弾むように叩いて音を出す。
イメージ 5


・・・晴れた午後、楽しい曲で、気を高め・・・   see ya

今日は涼しく動き易かったので、家とdolphin quay を自転車で2度も往復した。
朝はお決まりのswapmeet(古物交換市)へ8時頃家を出て、2時間見てまわった。

その足でdolphin quay の前で開いている食べ物マーケットへ行き、
マカドミアナッツ(殻付き)とスイカを買おうとしたら、どちらの店も出ていなかった。

いちど家に戻り、
2時近くにパーフォーミング&アートセンターへハンガリーの音楽を聴きに行った。
ゆっくりし過ぎて、暗くならない内に自転車を飛ばして帰宅。
日曜日の夕方は、閑散としてとにもかくにも家路を急いだ。
色々と活動のあった日。

今日swapmeet(古物交換市)で購入したもの。
イメージ 1
左、Snoopyのギター人形。首が動く。
UFS HK02Jamaicaとある。
高さ約8.5cm。
プラスチック製 20セント。

右、バイオリン弾き人形。
高さ約9.5cm。
陶器製 20セント。
イメージ 2
Matchbox
ALS AMBULANCE二次救命処置 救急車
プラスチック製。2ドル。
イメージ 3
中に患者が入っている。
イメージ 4
Matcbox パトロールカー
プラスチック製 2ドル。
イメージ 5
何のためのものか分からないが、
中に入っている。

   ・・・夏の暮れ、心細さに、こぎ急ぐ・・・  see ya

家の中は涼しい、これぞマンジュラの夏ぞよ。
汗をかかないと途端に機嫌が良くなってしまう。
 
最低気温16.7℃ 、最高気温26℃、家の中では、色々と活動的になれる。
楽器の練習を真面目に楽しくやっている。
 
楽器練習   をすると老人  になっても認知症になり難いらしい。
今はつまらない練習曲や短調曲など嫌いな曲はやらないで、好きな曲だけやっている。
だが子供や初心者は全て一応練習しておいた方がいいかも。
 
楽器演奏は練習するとなぜ指がそこに行くのか不思議で調べてみた。
ピアノを弾くとき脳はどう働く?
 
:暗譜してさらに練習を充分繰り返して積むと、
運動の指示は小脳に移動、小脳に任せられるようになる(練習の反復を、小脳が記憶していて、
ほぼ自動で演奏に伴う運動が可能となる)。
 
プロは演奏を小脳に任せて、大脳の前頭前野で創造的に考えながら、
奏法の新しい試みなどをする余裕が生まれる。
楽器演奏で脳を鍛える
 
脳の体性感覚野(ホムンクルス)では手の感覚野が一番大きい面積を占めていて、
手を動かすことが他の部位よりも一番脳に刺激を与えるということ。
この点からも、楽器を演奏することは脳を鍛える打ってつけの方法なのです
 
楽譜読めないという人は、知っている好きな曲を耳コピーで
いいですから、始めてみましょう。。。。。と書いてある。
 
~~~♪~~~~~♪
自分で楽器を弾いていると感じるが、
頭の中に入っている音と、音符と、指先が動く事と、それらが慣れて、
自動的にそこに行くようになってしまったら、それは余り脳が活性化していないように思うので、
脳の活性化のためには沢山の曲、新しい曲に向かう事が良いようだ。
 
楽器は万国共通、老若男女なしだから、やらなきゃソンソン。
老婆になってもやり続けるつもり (85歳以上)
 
チェロの弓が持てなくなり、自然にvibratoになってしまったら、
ピアノを主にやり、ギターも旋律だけでなくソロギターを練習し、
電気ベースは、誰かの裏でボボボボ、何かしら出来るでしょう。
 
これから先、毎日ピアノとチェロをやり続けて、認知症になるかならないか人体実験じゃ~・
         
   ・・・色々と、自分の体で、実験する・・・       see ya

このページのトップヘ