西オーストラリアのマンジュラという所

2010年08月

今週の天気予報は雨降り、曇り日が続く。

一昨日の日曜日には最も気に入っている場所、
マンジュラの隣の市Rockingham cityにあるPeron Foreshoreへ車で行った。
何か所も駐車場があるが、ここまでの公共交通はない様なので、
いつかマンジュラ駅から電車に自転車を乗せて、
Rockingham駅で降り、自転車でここまで行ってみようと計画している。
イメージ 1

イメージ 2
マッシュルームロック
(Mushoroom Rock) 
キノコ岩。
イメージ 3
このように道が出来ている。
ここは風光明媚、非常に良い場所だが、
一つ欠点がある。トイレがないので
長居出・・来ないかも。o○
老婆心ながら・・・
ここに来る前に、
公園等でトイレを見つけたら
済ましておくと良いでしょう。
イメージ 4
近くには、海軍基地か?があり、
未だにこんな建造物が3か所残っている。
イメージ 5
新しく出来ていた見晴らし台。

この日は気温が20℃位まで上がり、丘を一周すると疲れた。
家に帰ってから熱いシャワーを膝を追って浴びると、非常に幸せな気持ちになった。

最近気づいたが、私は肉体的疲れが好きなようだ。
疲れ果てて、膝を折るとなんとも言えない安堵感と心地良さが、
心身ともに幸福にさせる。。。快感~~~❤
どうも肉体派・・?・・・いやあ・・肉体労働派になったようだ。

野良仕事、草抜き、穴掘り、山歩きを好み、その反面コツコツとした職人的仕事が好き。

最近は人相手の仕事、
例えば、店、教師、介護など、人に神経を使う仕事は出来ない事を認識した。

♡♡♡❤❤
昨日は、新しく友達になった日本人と合奏をし、本当に楽しく、充実した時を過ごした。
一人でやる練習だと長く感じる時間も、人と一緒だとすぐ経ってしまう。
『時よ止まれ』と久しぶりに思った。

❤ あやこさん、心地良いピアノの音ありがとうございます。
耳障りな音に耐えてくれて、ありがとう。<(_ _)>

・・・幸せは、行ったり来たり、気紛れね・・・  see ya

今日は空気も暖かく、快晴、絶好の行楽日和と言える。
昨日今日と日本に居る知人、友人にskypeから電話してみると、殆どの固定電話には通じない。
「掛けた番号の前に186を表示するか、番号を知らせて・・」だとかのテープ音が聞こえる。

何か番号を表示させる良い方法は?・・と調べたら、
『skype to go』と言う物を使うと、相手に何らかの番号が表示されるらしい。

早速、手続きをしたら(日本からは利用できない)
自分の携帯に私のskype to go 番号が送られて来た。
掛ける相手のスピードダイヤル番号は6人まで登録できる。

この仕組みは、自分の携帯もしくは固定電話から [skype to go番号] に電話して、
そこから掛けたい相手の電話に、誰かが(skypeか?)繋げてくれるらしい。

これで相手に自分の[skype to go 番号]が表示されるらしいが、
自分の携帯もしくは固定電話からskype to go までの電話料金が掛かる。

[skype to go番号]から相手の電話への仕組みは分かり辛く、
私の携帯電話料金は、海外に掛けても隣の家に掛けても同料金なので、
[skype to go 番号]に掛けた時点で、もたもたしていたら、
直接携帯から日本へ掛けた方が安かった事にもなりそう。

またそれで繋がって長時間話が出来れば良いが、
相手が留守番電話やその他何か電話撃退法などをやっていると無駄になるので多分使わないだろう。

✿✿ここの所、ギターはほったらかして、チェロに戻った。
久しぶりに少々長くやると、やった後は左の薬指と小指がキックとなり、息も上がる。

チェロの後小さなクラシックギターを持つと軽くて非常に楽ちん、
持ち上げるのは楽だがギターは非~~~常に難しい楽器。

その後で、電気ベースを持つと、とてもとても重く感じて心まで重くなる。
しかし、音や扱いが案外楽で、これも捨てがたい。

イメージ 1
たった一株のフリージャーが、
今では海の如く波打っている。
今年は黄色が新しく生まれた。
アヤメも咲きだしている。
庭は花でにぎやかになる。
イメージ 2
薄紫色のフリージャも生まれた。

・・・暦要らず、年の流れを、花で知る・・・     see ya

春をすぐ目の前にして、昨日、今日は風が冷たく、外を歩く時、日陰では上着を羽織った。
まるで、貯めておいた冬の寒さを最終大放出しているようだ。

定番の三寒四温で、気付かぬうちに季節が変わっている。
どちらかと言うと寒いのが好きなので、個人的には春を待ってはいない。
冷えた指先や体を温めると心地良くなる季節が大好き。

○ 先週の土曜日に国政選挙があったが、労働党( Labour Party)と自由党(Liberal Party)の
獲得席が同じ・・・なんとか、かんとか・・・でまだ首相は決まっていない。

マンジュラには特に大事件もなく時が過ぎている。

✿ ✿個人的に大きな出来事は、
ピアノを弾く事が好きな新しい友人が出来て、
毎週月曜日にはピアノとチェロの練習を二人でする事を決めた。
楽しみがお互いに出来たようで喜ばしい。

・・・冬の末、心は次の、冬を待つ・・・     see ya

昨日は雨が降った。
今日は風が冷たく、冬っぽくて、これまた最高!!!
先日の日曜日はポカポカ暖かく、
ドルフィン キー(Dolphin Quay)日本名「イルカ波止場」には沢山の人が出ていた。
イメージ 1


今朝のニュースで知ったが、
オーストラリアは教育の機会(高校、大学、専門学校、職業訓練所、技術資格、技術習得)仕事、
その他色々について、世界で4番目に恵まれている国だそうだ。

国が多くの最高に素晴らしい機会を与え、至れり尽くせりしても、
与えられる資格のある人間に、やる気がなければ無駄。

海外からの移住者も正式な非難民も、同じように教育の機会を与えられているので、
オーストラリアで生まれ育ったオーストラリア人は頑張らなければ越されてしまうかも。

現に海外から勉強に来ている人や成功者に対する嫉妬からか、
その人達に対する、この国のバカ者達の暴力、嫌がらせもある。

現首相の両親も移民で、「一般人でも高い教育が将来を開いてくれることは、
私自身が経験しています。オーストラリアの子供一人々に高い教育の機会を与えることが、
何よりも将来をささえる」と語ったそうだ。

あくまでも私の知る限りだが、、医者は移住者が多い。インド人、中国人、マレーシア人、英国人
水道屋などの技術職も英国などの英語圏から来た人が多い。

・・・ああ勿体無い、機会生かして、がんばろう!・・・ see ya     

朝は少々冷え込んでいるが、日中は本当に良い天気で暖かく爽やか。
冬は雨期だが、ジトジトと一日中降り続くこともないので、観光にも良い。

冬のマンジュラ最高

オーストラリア中で気候的に一番住みやすい場所

蒸し暑い日本を抜け出て、冬こそマンジュラ、パース辺りに来ると良いでしょう。
暑いのが嫌いな私の感じだけで言うと、冬こそマンジュラへ~~

マンジュラの夏はカラッとしており、気候は一年中爽やかで体に良い


イメージ 1
ワイルドフラワーも咲き、
庭のフリジャーも匂い始めた。
一年はすぐ来てしまう。

イメージ 2
新しい、マンジュラ市内の観光地図も出来た。
地図はTourist Information Center、
Laibraly等に置いてある。

・・・マンジュラの、冬は私に、合っている・・・      see ya

このページのトップヘ