西オーストラリアのマンジュラという所

2008年02月

朝晩、冷たい空気が入るようになり、活動し易くなりました。
最後のブドウを昨日取りいれ、これからは落ちたブドウの葉の始末が仕事となります。

先週の土曜日から今日までは、ちょっと出掛けたり、PC抜きの生活をしていました。
旅行、読書がもっとも気軽に楽しめる息抜きです。

前回の記事でカニを披露しましたので、今回は、カニを捕る為の道具を紹介します。

イメージ 1
カニ捕り網  crab net
網の中に魚等のえさを入れて、
数分から数時間、
そのまま水の中に入れて置きます。
カニは中に入ると
外には出られない仕組みになっているらしい。

イメージ 2
カニすくい  crab scoop
歩いて水の中に入り、
カニを見つけたらこれで、すくい上げる。
ドジョウすくいの要領でやってね。。(^_-)
棒の長さは135cmかごの直径35cm
腰にバケツを結び付け、捕ったカニを入れる。
この方法でのカニ捕りは楽しいですよ。(^^)v

イメージ 3
カニものさし crab measure
かにの甲羅の横幅(最大)を測り、
127mm 以下ならば、
「又ね~」と言って逃がす。(T_T)/~~~
⋆注)写真の手は撮らして頂いた方の手です。

・・・・・・カニとりの、姿のどかに、estuary・・・・・・           see ya

今日も良い天気、所々雲はありますが、30度以下の温度で日陰は涼しいです。
暑いのでじっとして、図書館で借りた本を読んでいたら週末になっていました。
体力も使わずに、最も楽な事が読書。私はやはり、読書好きだから怠け者なのかな~。

今日は easten forshore(東なぎさ公園)で新しい日本の女性にお会いしました。
彼女はオーストラリア人と婚約して、マンジュラに住んでいます。
彼女と婚約者は私のブログを見て下さっていて、記事を話題にして色々話がはずみました。
その上、彼女のPCと私のPCは同じ物だそうです。VAIO 彼女はピンク、私はブルー。
それを購入した理由も「色」だと言うので、「それも私と同じだぁ~」と話が合いました。(*^^)v

イメージ 1
数日前には他の日本人から
マンジュラの内海で獲った蟹を頂きました。
名は Blue swimmer(manna) crabs.
茹でた物をた~くさん持って来て下さって、
私は食べるだけ。\(~o~)/
蟹の甲羅には、ひざの痛みなどに効く、
グルコサミンが含まれているので、どうにかして
これらの甲羅を利用しようと考えましたが、
臭いので捨てました。
獲って良い大きさは
蟹の甲羅の横幅が127mm以上。
一人10匹、一船20匹まで。

ちなみに、蟹の数え方、生きているうちは 『一匹、二匹』
死んで食用になるものは 『一杯、二杯』だそうです。
もひとつおまけに、人の場合は生きている時は 『一人、二人』
死んでしまうと 『一体、二体』だそうです。

・・・・・・静けさを、求めて女房に、蟹食わす(^_-)・・・・・     see ya  

今日は又暑さがぶり返し36℃、☀ 私もぐったり人間に戻りました。^^;
いつもの年と今年は違って、ちょっと湿り気のあるおかしな暑さです。
今週はずっと36℃~39℃・・・やめてくださ~い。

☆  今朝は、6時少し前に目が覚めて忘れずに空を見てみました。☽
ありましたありましたぁ。東の空に2個光るものが・・・・。

ブログ「星とそれから」で 夜明けの競演の美しい光景を見せて頂き、
一体こちらではどんな状態か、ずっと気になっていましたが、朝になると忘れてしまい。(*^_^*)
今朝やっと実現しました。(*^^)v

昨夜は月を見ましたが、今朝は月はありません。一体どこへ行ったの?

「星とそれから」のalftheratzさんの心打つ作品とは比べて見ると笑っちゃいますよ。(^_-)

単に科学的に木星と金星の位置関係を見比べて下さいね。
所で、どっちっが木星なのかしら・・・・?
イメージ 1


下のよく光る方を撮りました。これは縞模様がないけれど・・・・。
イメージ 2


・・・・・・ピカピカと、まん丸惑星、ワクワクね・・・・     see ya

一昨日(7日、木曜)は一日中、☂ 雨が本気を出して真面目に降りました。☂
一日の降雨量は35mmで、これはマンジュラの平均的ひと夏の降雨量に相当するそうです。

この日、人に会うと決まり文句のように、誰もが「GOOD RAIN」と言っていました。
涼しいので、体を使って沢山仕事をしても疲れませんでした。
昨日も比較的涼しく、今日もそれが続いています。
  ✿   ❀
でもまだまだ夏は終わりません。
夏になると対岸のwestern foreshore には色とりどりの水遊び道具が置いてあります。
ちょうどサーカステントの前辺りの水辺です。

ここは浅い内海にあり、囲いのある安全な無料の水遊び場があります。。
今までこの遊具はこの水遊び場に設けられている物とばかり思っていました。
所が先日近くまで行って見たら、驚きました(@_@)。
これは、その水遊び場の隣に設けられており、かなり高額の使用料を払うんですよ。

それも30分単位での使用料7ドルぐらいだったか・・・?明日また見てきます。(*^_^*)
一日使用が35ドルは覚えているが・・・非常に高いと思います。
多分、補償のために掛ける保険料などが高いので、そうなるのかも知れません。

あまり遊んでいる子供は居ませんでした。
イメージ 1

後ろのほうに見える滑り台は面白そう。
イメージ 2

・・・・・高いので、小遣いためて、又来よう・・・・・   see ya

昨日は約8週間ぶりにマンジュラに雨が降りました。
大地を潤すまでは行きませんで、止んだ後はスチームサウナ状態になりました。(T_T)

今年は家の中にもアリが沢山入ってきてあまりありがたくない話です・・・てか
オヤジギャグをこいてる場合ではあ~りません。
アリクイでも飼わなければだめですかねぇ。。(T_T)  

昨夜のテレビニュースではオーストラリアの三菱自動車がどこかの国に移るそうです。
こちらでは作ってもあまり売れないらしいですよ。(T_T)

もうひとつ、ゴルフの石川遼君をスポーツニュースで数分間取上げていました。
世界的に有名なんですね。すばらしい!!\(~o~)/
   ☆       ☆
さてさて、今日はマンジュラにサーカスが来ている話しです。
私は子供の頃サーカスの空中ブランコ乗りに憧れました。(^_-)
あれほど格好の良いものはないなぁ・・・・。
憧れだけで何にもしなかったので、アッ、トランポリンはしましたが、それでおしまい。
ですから今も憧れています。
私自身は昔ながらのサーカスが好きです。ラ~ラララララ~ララ♪
一度日本で、フランスから来た高尚なサーカスを原宿に見に行きましたが、
あまりにも退屈で眠ってしまいました。"^_^"(-_-)

このサーカスは大体毎年来るようです。場所は Hall peark (western foreshore).
このブログでよく紹介するeastern foreshore(東なぎさ公園)の向かい岸です。

イメージ 1
Circus Joseph Ashton
このサーカスの事は
ここ]をクリックするとよくわかります。
歴史は古く、1851年にタスマニアで
イギリス風のサーカスを立ち上げたそうです。

イメージ 2
大きな機材、動物と
ともに移動して来ました。

イメージ 3
子供も含め、家族がキャラバンや
組み立て式簡易住宅の中で暮らします。

イメージ 4
広々と土地を使って、
ゆったりしてる感じです。
サーカス開演は殆ど夜からで
昼間はひっそりとしていました。

イメージ 5
水辺のそば、買い物にも便利で、
きっと彼らにとってもここは
良い場所ではないでしょうか。

・・・・・サーカスは、見てる側より、やる側ね・・・・・     

このページのトップヘ